前へ
次へ

債務整理の受任後に返済しても良いのか

弁護士は、債務整理に関する手続きを代行してくれます。
手間がかかる手続きを代行してくれるメリットは大きいので、多くの方々は弁護士に依頼しています。
ところで弁護士に依頼した後は、1つ注意すべき点があります。
うかつに借金の返済をしない方が良いでしょう。
例えば6月1日に弁護士に依頼したとします。
そして弁護士は受任状態になり、8月頃には裁判などの手続きを行うことになったとします。
この際、6月や7月あたりの時期に借金の返済を行ってしまうのは、あまり好ましくありません。
そこで返済してしまいますと、債務整理の手続きがスムーズに進まなくなってしまう事もあるからです。
もしも借金の返済が気になる時は、まずは弁護士に相談する方が無難です。
返済すべきかどうかを弁護士に相談した上で、行動を起こす方が良いでしょう。
基本的には、弁護士に細かく相談しながら手続きを進めていく方が無難です。
独断で行動してしまいますと、面倒な状況になってしまう事もあるので、相談する方が良いでしょう。

Page Top